在籍確認の電話について-個人名で電話がくるって本当?

在籍確認の電話について-個人名で電話がくるって本当でしょうか?

 
プロミスはもちろん、どの消費者金融でも、在籍確認の審査の際に行われる職場への電話連絡は、プロミスという消費者金融の会社名ではなく、担当者の個人名で電話をします。
個人名で電話をするので勤務先の他の人にプロミスからの電話だということは一切バレることはありません。
本人が電話に出てようやくプロミスからの在籍確認の電話であることを伝えますので、バレないのです。

消費者金融の在籍確認は必ず個人名です。その他、返済の遅延などでやむをえず電話連絡をすることになったとしても、プロミスの会社名は一切出さずに個人名で電話をすることになります。

 

在籍確認の電話について、もっと詳しく!

 

クレジットカードの申込をしても職場への在籍確認の電話はほとんどありません。
実際にクレジットカードを申し込んで在籍確認の電話を受けた人はあまりいないのではないでしょうか。
新入社員の方などで、今まで一度もクレジットカードを作ったこともカードローンの申込もしていないようなとであれば別ですが、信販会社はたいてい信用情報機関のデータに出ている勤務先を見ているだけです。

 

ただし、転職を頻繁にしている人は在籍確認の電話があるケースが多いようです。この場合、信販会社は相手に気を使って自分の個人名で電話をしてきます。

 

信販会社から職場に電話があると周囲から異様な目で見られることが多いので、気を使っているのです。これが消費者金融や銀行の場合でも同様で、特に会社名を名乗ってほしいと言われない限り担当者の個人名で電話をします。

 

銀行は融資をする際、それが住宅ローンであっても在籍確認の電話確認をすることがあります。在籍確認の電話は一般的に考えられているより重要な確認手段であり、借入金の返済原資が給与収入に偏っていることが多いため、勤務先の確認は必須なのです。

 

とはいえ、信販会社や消費者金融などから電話があったと周囲に気づかれると結構面倒なことになります。会社によっては消費者金融イコール自己破産への道と考えているのではないかと思われることもあり、できるだけ内緒にしておきたいのが現実です。

 

そんな中でも、先の述べた通り、職場への在籍確認の電話は重要な確認手段なので必要があれば実施する必要があります。必要があって在籍確認をするものの、相手に迷惑をかけては意味がありません。

 

信販会社としては矛盾する二つの項目をうまく調整するために担当者の個人名で電話をすることとしているのです。