プロミスの在籍確認は派遣でも電話なしでお金を借りれるって本当?

プロミスの在籍確認は派遣でも電話なしでお金を借りれるって本当?

 
プロミスなどの大手の消費者金融で借り入れ申込をする際、以前であれば考えられないリクエストができるようになりました。

当初の申込の段階から在籍確認の電話を省略する旨のリクエストができるようになったのです。これは画期的なことであり、今まで職場への電話があるから消費者金融ではなく、クレジットカードのキャッシング枠を利用しようかと考えていた人も、プロミスなどの消費者金融を気軽に利用することができるようになりました。

 

しかし、実際にリクエストをしたから必ずしも在籍確認の電話を省略してくれるとは限らず、省略の可否はプロミス側が決めています。転職を繰り返している人や新入社員の方については、従前通り職場への在籍確認の電話をしているようです。

では一般的に信用度が低いと言われている派遣の仕事をしている人はどうなのでしょうか。

派遣の仕事をしている人は、一般的に収入の安定性や確実性がないと言われています。いきなり収入が途切れてしまうリスクは避けられないのです。

 

ただし、派遣の仕事をしている人でも同じ派遣会社に何年も在籍している人は珍しくありません。収入に波があるのは当然ですが、ゼロにはならず働き続けているのです。

 

もともとプロミスなどの金融が在籍確認の電話をしている理由は、申込者が本当にその会社で働いているかの確認が目的です。別に収入の確実性を確認しているわけではないですし、電話一本でそのようなことは確認できません。

 

つまり、派遣の仕事をしている人であっても、一つの派遣会社に長年勤めている人であれば在籍確認の電話を省略してくれる可能性は高いのです。やはりどんな職種であっても勤続年数が長いというのは信頼できるといえます。消費者金融にとって返済が遅れること無く無事に完済するのが大事なので、転職の多い人より安定して働いていると判断された方のほうが信用されます。

 

派遣の仕事をしている人が必ずしも収入が不確実だとは言い切れません。同じ派遣会社に所属しているということは収入が途切れていないことも同時に意味しているのです。