プロミスでは総量規制対象外のカードローンができる?

プロミスでは総量規制対象外のカードローンができる?

 
プロミスのような消費者金融は一様に貸金業法という法律に基づいて営業をしています。
そして、貸金業法では総量規制という融資制限があります。年収の3分の1を基準にして、それを超える貸し付けはできないという融資制限です。

契約しようとする消費者金融だけではなく、他の金融機関から借りている無担保融資はすべて対象になります。そのため、クレジットカードのキャッシング枠なども入ってしまうのです。

 

最近は多重債務者の救済目的でおまとめローンを提供する消費者金融も増えてきました。貸金業法の例外規定として、総量規制対象外とされているローンです。

 

しかし、プロミスではおまとめローンの設定がありません。つまり、総量規制対象外のローンがないのです。プロミスのローン商品はカードローンだけなので、他のローン商品はないのです。

 

そのため、プロミスでは年収の有無が大きな意味を持ちます。
もちろん総量規制も例外がないわけではありません。配偶者貸付制度といい、旦那さんの収入と合算して年収の3分の1を算定する方法は存在します。

 

しかし、この制度を利用しようとすると旦那さんの承諾書が必要になるという欠点があります。専業主婦の方などが対象になる制度ですが、旦那さんに内緒でカードローンを作ろうとしているのに、旦那さんの承諾書などもらえるはずがありません。

 

現実にこの制度を利用しても、必ずしも旦那さん本人の承諾書が提出されるという保証もなく、いざ支払遅延になった場合に旦那さんから「覚えがない」とトラブルのもとになります。

 

そのため、プロミスでは配偶者貸付制度は利用されていないのが現実です。他にも医療費などのような緊急事態における貸付制度もありますが、現実に使われることはほぼありません。

 

銀行カードローンには収入のない専業主婦の方でも借りれるものがあります。ご主人に内緒で借りれるという事になりますが、借り入れ可能額としては30万円が限度となります。