カードローン審査に通りやすい属性とは?

カードローン審査に通りやすい属性とは?

 
プロミス等の金融機関がカードローン審査をする際に「属性」という言葉を使います。

 

簡単に言えば職業などでグルーピングをし、そのグループにマッチした審査基準で審査をしています。

 

プロミスのカードローン審査に通りやすい属性としては、まず「会社員」であることがあげられます。さらに正社員であればさらに有利ですし、勤めている会社が大企業であれば更に高ランクの属性として取り扱われるでしょう。

 

とはいえ、属性は一つだけのグルーピングではありません。

 

まじめにクレジットカードなどを利用しているかという観点によるグルーピングもされています。

 

どんなに大企業に勤めている正社員の方であっても、クレジットカードなどの支払遅延が多い人は信用されませんから、審査では不利になります。

 

これは何もプロミスなどの消費者金融カードローンに限りませんが、最終的に審査では「クレジットスコア」と呼ばれる点数制で審査結果を決めています。

 

高ければ融資限度額も高いですし、低ければ低いです。

 

このように「属性」は大切ですが、消費者金融でカードローンを利用する際に忘れてはいけないことは、大手の消費者金融は回収可能性に気を使っているという点です。

 

つまり、貸したお金を確実に回収することを優先順位の高い位置に置いているのです。

 

具体的に言うと、自分が利用しようとするカードローンがプロミスであった場合は三井住友銀行で給与振込をしていると審査で強いケースが高くなります。

 

一般的に派遣の仕事をしていると、カードローンは審査に通りにくいといわれています。派遣の仕事というだけでランクの低い属性をつけられてしまうためです。

 

しかし、長年給与振込をしていて、かつ取引もしていれば、このような職業の人であってもカードローンの審査に通ることが少なくありません。

 

もちろん、融資限度額は低めですが、属性だけですべて決まるわけではないのです。

 

例え最初は小額の融資であっても、あとは利用内容が良ければ増額の話は早いでしょう。結局のところ、返済が遅れることなく問題なく利用していくことが最も信用されることだと言えます。