カードローンの審査に男女の違いに影響があるのか

カードローンの審査に男女の違いに影響があるのか

 

カードローンは男性利用者よりも、女性利用者のほうが多い傾向があります。

 

しかし、女性と男性でカードローンの借り入れ審査に、何か影響が出るのでしょうか?

 

男性でも女性でも差はない

基本的にはカードローンの借り入れ審査では、男女差はありません。

 

女性の申込みだからといって、男性より借り入れ審査が不利になるという心配は不要です。

 

審査の通りやすさには差が出る可能性

正社員の方を対象とした調査で、20代の平均年収は男性367万円、女性で319万円という結果が出ています。

 

30代の平均年収は男性で487万円、女性で382万円の調査結果が出ており、男女で年収に100万円ほどの違いがある状況です。

 

カードローンの借り入れ審査は年収だけで合否を出すわけではありません。

 

しかし、平均年収に差がある男女では、審査の通りやすさに差が出る可能性があります。

 

参照:https://doda.jp/guide/heikin/age/

 

女性向けカードローンは借り入れ審査に通りやすい?

女性向けカードローンは、お金を借りたい女性のための金融サービスです。

 

女性申込み者は女性向けカードローンのほうが、一般のカードローンより借り入れ審査に通りやすいイメージがありませんか?

 

しかし、女性申込み者だからといって女性向けカードローンの借り入れ審査が有利になるわけではありません。

 

あくまでも女性が利用しやすいカードローンと考えましょう。

 

まとめ

カードローンの借り入れ審査は男女での差別はありませんが、審査の通りやすさには差が出ることがあります。

 

ただし、カードローンの借り入れ審査は収入の多さよりも、安定を重視する傾向があります。

 

収入の少ない女性であっても、安定していればカードローンの借り入れ審査に通る可能性が高くなるでしょう。